婚活女性で友達同士で参加する子は気を付けようという話 

体験談
スポンサーリンク

 

私が参加した婚活イベントで来てた人

私がイベント形式の出会いの場に行った時の話をさせて頂きます。

参加したイベントは、男女4:4で料理をしながら親睦を深めようという会でした。

当日の流れは以下でした。
①自己紹介
②料理の手順が説明される
③みんなで料理をする
④わいわい食べる
⑤2次会へ

会場はマンションの一室のような場所で、おばちゃん?というには少し若いくらいの女性が切り盛りしていました。

13:00から開始で、私は10分くらい前に着きました。
会場につくとまずは料金4000円を支払いました。
因みに、男女同額です。

着いた時には私以外に男性参加者が1人だけいました。

長めのテーブルに男側と女側に分かれて4:4のお見合い形式で座って待つように言われました。

黙っているのもアレなので、すでに来ていた男と軽い世間話をしました。

印象はいかにもモテなさそうな感じ(スミマセン)で、「学歴が評価さればな~」というようなことを言っていました。

(収入、職業、顔、身長に比べれば学歴なんてオマケ程度にしかならない。学歴が評価されるのは、高収入や安定した職業を得やすいからであり、収入・職業で評価されなければ学歴なんてなんの意味もありません。)

彼は婚活はこれが初めてだと言っていたので、これは前途多難だろうなと思っていると他の参加者も続々と到着しました。

ざっと見ると私以外の男は、顔はフツメンが2人、先ほどの高学歴残念君です。
女性は、まあ普通に可愛い方じゃないかという方が3人、文句なしで可愛い方が1人でした。

全員揃ったところで、男から順に自己紹介していった。自己紹介の内容は仕事・住んでる場所(大雑把に)・趣味等を話しました。

出来れば詳細に書きたかったのだが、正直、あまり覚えていません。特に印象に残るような職業や趣味はありませんでした。

自己紹介は、仕事は事務だとかSEだとか、休日はジムにいってる、ヨガに行っている、音楽が好きだ、等です。

あまり変わった事を言って、事故紹介とならないために無難に行くのは婚活の定石のようです。

主催のおばちゃんが全体を切り盛りし、立候補制で「野菜を切手って下さる男性の方と女性の方1人ずついないですか~?」といった具合で男女1:1なり、男女2:2で色々と人数やペアを変えながら料理をしていきました。

そして、料理後は男女が混ざる形で着席し、作った料理を食べながらみんなで談笑しました。

全員で話している時に、女性側は4人のうち、2人が友達同士で申し込んだという話が出ました。

その後、2次会で近くのカフェに行き、みんなでLINEのグループを作って解散しました。

解散後に、一応社交辞令的なLINEを全員に送りました。

私としては、観ている映画の趣味が合いそうで、割としっかりしてそう、見た目は普通の女性が狙いでした。

が、女性陣からは1人だけしかLINEの返信が来ませんでした。

私が狙っていた子のLINEは既読にすらなりませんでいた。と。

特に狙ってはいなかった一番可愛い女性から返信が来ました。

狙ってはいなかったが、可愛いしまあいいか、と思いその子とLINEを継続してやり取りし、数度デートをしました。

その際に、ポロリと言っていたが、女子の間で誰が誰狙いかの話があったそうです。

私が狙っていた子は、その可愛い子の友達であり、別の男狙いという訳だったそうです。

女性陣の中では誰狙いかが決められていたため、私のLINEは未読スルーされてしまったようです。

そして、そこまでした上で、何度かデートした上でやっぱり違ったとスルーされてしまいました。

結論

男性の参加者には裏で女子が繋がっていること、女性の参加者は友達同士で参加すると不可侵条約を結ばされることを理解しておかなければいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました