婚活と転職の並行はダメ!活動中に出会った女性の話(体験談・経験談)

婚活と転職
スポンサーリンク

結婚、仕事はどちらも人生において大事なテーマですね。

自分の理想とする生活を叶えるために、婚活をされたり、転職活動等をされるのは素晴らしい事だと思います。

ただし、余程のハイスペックな方でない限り、同時並行するのはお勧め出来ません。

今回は、私が婚活パーティーに参加していた頃に出会った婚活中の女性についてお話させて頂きます。

転職活動中のAさんの話

AさんとはPARTY☆PARTYの婚活パーティーで出会い、趣味の話で盛り上がった事もあり、カップリングしました。

カップリング前にAさんが転職活動中である話は聞いていたのですが、私はその事について特に気にしませんでした。

ただし、カップリング後から色々と問題を感じ始めました。

問題1:デートに誘いにくい

私自身は転職した事はありませんが、就職活動では苦労した経験があります。

企業分析、自己分析、エントリーシート作成などは決して楽な作業では有りませんでした。

そんな忙しい人を気軽にデートに誘ってもいいのかな?という事が気になり、気軽にデートに誘えませんでした。

問題2:交際・結婚後のイメージが出来ない

婚活と転職活動を同時にやっているという事は、結婚後も働く意思があると考えられます。

(転職して、1年位してから結婚したので退職します、というのは常識としてどうかと思うので。)

結婚後も働かれることに反対は有りませんが、勤務先が決まっていないため、私とAさんが同じ場所にすめるか否かが予想出来ません。

1年位交際して、その後に「働きたいし、お互いの職場が離れすぎているので別れましょう」となったのでは、精神的ダメージ、時間的なロスも大きいです。(婚活は若い方が有利なので)

結局どうなったか?

結局、Aさんとは3週間位LINEのやりとりをした後、消滅しました。

 

転職活動中のBさんの話

婚活パーティーに何度か参加していると、以前に参加していた人と再会する事があります。

Bさんは特にカップリングはしなかったのですが、婚活パーティーで2回会いました。

最初に会った時に、転職活動中と言われており、その1か月後位に会った時も、転職活動中との事でした。

Bさんの変化について

語弊を恐れずに書くと、最初に出会った時からタイプでは有りませんでしたが、増々タイプでは無くなっていました。

2度目に会った時には、明らかに疲れた顔をしていました。

少なくとも1か月以上、婚活と転職活動をし、しかもどちらも上手く行っていない(Bさんは2回ともカップリングはされていませんでした)ので、精神的な疲労も溜まっていたのでしょう。

「婚活疲れ」という言葉もある通り、婚活が上手く行かず、疲れて止めてしまう人は少なくないです。「婚活」とは決して甘い場所ではありません。

婚活、転職、どちらも上手く行かないと、自分を否定された様な気持ちになります。

婚活が上手くいないと、異性としての魅力を否定された様な気持ちになり、転職が上手く行かないと、社会から価値を否定された様な気持ちになります。

その後、Bさんがどうなったのかは知りません。。。

まとめ

婚活中に出会った転職中の女性の2人について書かせて頂きました。

少なくとも、この2人を見る限りは、婚活と転職を同時並行する事はお勧め出来ません。

理由は以下の3つです。

  1. 相手に気を使ってデートに誘い辛い
  2. 住む場所がどこになるか分からないため敬遠される
  3. 転職活動と婚活の疲労で魅力がダウンする

個人的には、転職してからの婚活をお勧めします。

 

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました