書評「漫画ルポ 中年童貞」結婚はしなくても世間との繋がりは保ちたいと感じた話

未分類
スポンサーリンク

2020年、20代男性で異性との交際経験がない人は約4割にものぼるそうです(リクルートマーケティングパートナーズの調査による)。

そして、こうした人の中から中年童貞と呼ばれる人がでてきます。

「漫画ルポ 中年童貞」はタイトルから中身が気になってしまい、読む事にした本です。

もちろん、中年童貞に分類される人も沢山いるとは思いますが、中には現実社会で生きて行くのが難しいと思われる人もいる様です。

なかなかインパクトのある本だったので感想を書こうと思います。

 

 

「漫画ルポ 中年童貞」はこんな本

 

タイトルそのままに、30歳以上の経験がない男性に対して取材を行い、まとめた書籍です。

本書の目次は以下です。

  • 第一章:「中年童貞」の受け皿となる介護業界
  • 第二章:妄想に生きる高学歴中年童貞
  • 第三章:ネット右翼と中年童貞
  • 第四章:秋葉原は中年童貞天国
  • 第五章:モテなさ過ぎて死んだ鈴鹿イチロー
  • 第六章:女への絶望から男で童貞喪失
  • 第七章:中年童貞はこの社会が生んだ
  • 第八章:中年童貞という地獄

デリケートなテーマであるため、取材させてくれる人物を見つけるのも大変だったそうです。

 

 

本書を読んだ感想

本書で紹介される人物達は、その属性を持つ人達の中でも特に変わった人達であるとは思います。

実際に、私の勤務先にも「この人は30歳を超えているけど、彼女いた事がないと聞くし、経験がないのだろうな」という人はいます。

ですが、普通に周囲の人達とコミュニケーションを取って仕事をされており、社会的な問題があるとは特に感じません。

 

本書で紹介されている人達がヤバいのは、交際経験がないという事よりも以下の事です。

  • 自分が傷つくのを極端に避ける(恐れる)
  • プライドは高い
  • 自分を客観視できない

本書で紹介されている人達は、恋人がいないだけでなく、友人もいないという人達でした。

そして、自分を客観視したり、他者とコミュニケーションが上手くとれなかったり、人間関係を築くのが上手くないせいで、仕事をするのも苦労するといった様子でした。

こうなってくると、将来、身よりもお金もない老人になるのが避けられそうにありません。

既にメンタル的にも不安定であり、人生の幸福度が高そうにも思えません。

 

私も婚活をしている身なので、正直、世間的には中年童貞と呼ばれる人達とそう遠い場所にはいないのかもしれません。

実際問題、今現在、独身・恋人なしという点においては共通ですし…

正直、今はあまり結婚する気もないですが…

 

本書を読んで、結婚しない・恋人をつくらない生き方をしたとしても、何がしかの他者との交流は持ち続ける様にしようとヒシヒシと思いました。

ずっと1人でいたり、浅い人間関係しか持っていないと、人から傷つけられる事も少なくなるでしょう。

自分の世界で生きていると、どうしても自尊心は高くなりがちになり、人と関わるのもおっくうになりがちになってしまいます。

そうすると、人に揉まれる様な気力が弱まり、さらに1人でいる事を選び、他者との関係を上手く築けなくなってしまう危険があります。

他者との関係を上手く築けないと、生きて行くだけでも苦労する事が多くなってしまうので、なるべくそうならない様にしたいと思います。

 

失礼ながら、そうした反面教師的な意味合いで本書を読んで良かったと思っています。

 

ただ、同性の友人も何かのタイミングで結婚してしまう可能性もあり、結婚すると付き合いが悪くなるという話もよく聞きます。

そうした事を考えると、密な人間関係を持ち続けるには、ちゃんと結婚して家族を持った方が良いのかもしれません(結婚できる人は)。

 

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました