婚活仲間を作っておくべきという事

婚活をするにあたり
スポンサーリンク

婚活が上手くいかないと思ったときに絶対避けた方が良いことがあります。

「一人で延々と悩む」ことです。

上手く行っていないとき、つまりは自身の調子が悪い時に悩んでも良いアイデアなんて出てくる訳がありません。
ではどうするかですが、一人で悩まなくても済むように婚活のことを相談できる友人を作っておくことが良いです。
リア友に相談し辛ければ、ネット上の友人でも良いです。

私はブログサービスを通じてこういった友人を作っていました。
私が使っていたのはアメブロです。
利用者数が多い分、簡単にweb上で友人を作ることが出来ます。

アメブロでweb上に自分の婚活記録を残されている方は沢山います。自分のブログにコメントを下さった方に友達(アメンバー)申請したり、定期的に婚活ブログを更新している方から、書いている記事は気分を害するようなものでないか、といった観点で選ぶと良いです。

友人は、同性、異性問わず、なるべく沢山作っておいたほうが良いです。
人の婚活を見ていると、上手く行っている人の方が少なく、みんな色々と悩んでいることが分かります。

上手く行っていないときは、往々にして視野が狭くなってしまい「なんで自分だけ」といった考えを持ちやすいです。
みんな苦労しているんだと分かるだけでも、気持ちが楽になるものです。
自分の置かれている情報を文字にすることで客観的に見ることが出来る、という効果もあります。

また、悩んでいる内容をブログ上にアップすると、励ましのコメントを下さる心優しい方もいます。
出来れば、読者の方も、他の婚活中の方でお悩みの方がいれば励ましのコメントを送ってあげて欲しいです。
婚活が長引くほど、相談できる相手の有難みが分かります。

web上の付き合いとはいえ、年単位で交友を持っていると、戦友のような気持になってきます。
知らない相手の方が、自分の本心を言いやすい面もあります。

自分の活動記録をネット上とはいえ、人に公開する事に抵抗がある人もいるでしょうが、
アメブロには「限定記事」という機能があり、限定記事と指定して記事をアップすると、
アメンバーという友達になった人しか記事を見られないようにも出来ます。

基本的には「限定記事」にしてのアップをオススメします。
私は一度、ネット婚活をしている際に、アメブロの記事から本人が特定できてしまった事があります。

住んでいる地域、職業、年齢、使用しているネット婚活のサービス名、だけでも結構絞り込めるものです。
世間は意外と狭いのでご注意下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました